シングルマザーの仕事選び

PAK13_moshimoshiOL20131019-thumb-815xauto-16957

シングルマザーだから感じる壁

シングルマザーとして子育てをしていく時には給与面だけでなく勤務時間や待遇面を考えながら仕事を選んでいかなければいけません。

ずっと長く勤務をしてきた職場であっても、いざ一人で子育てをしていかない状況になった場合には配置転換や転職を視野に入れていかないといけなくなることも少なくありません。

シングルマザーとしての職探しということそれ自体が大きな壁として感じる場面もあり、就職活動をする前にどういった職種ならより長くきちんと生活をしていくことができるかということを考えていかなければいけません。

職探しの前にまずしっかりさせておきたいのがその仕事における優先順位です。

もちろん仕事ですから生活の基盤を作っていくことができる程度の給料がなくてはいけません。

ですがそのためにあまりにも長時間の勤務をしなくてはいけなかったり、急な子供の用事に対応をすることができないということでは困ります。

とはいえどんな仕事をするにして100%完璧に自分の事情や希望にあったものを見つけることはできませんから、どの部分をどこまで妥協するかということも現実的に考えていく必要があります。

シングルマザーだからこそ譲れない部分

シングルマザーの仕事選びでまず大切になるのは「絶対に譲れない部分はどこか」ということをはっきりさせておくということです。

当然のことながら仕事は忙しくて難しい仕事ほど給料は高くなります。

昇進や昇給をしていくということはそれだけ自分の肩にかかる責任も重くなっていくので、それだけ仕事に打ち込むということは家に帰る時間が遅くなり子供と過ごす時間がなくなるということになります。

また児童手当や児童福祉手当は収入制限がつくため、一定ライン以上の収入があるとそこで手当が打ち切られてしまいむしろ使えるお金は少なくなるということもあります。

本来手取りを減らさないように仕事をしないようにするということはおかしなことなのですが、現実的に子供を守っていくということで考えるならそのあたりはシビアに収入計算をしていきたいところです。

ただ参考までに書いておくと、以前まではそうした手当を受け取れなくなることをおそれて仕事の責任や分量を減らしてもらうことを考えるシングルマザーが多かったようですが、最近は女性でも責任ある仕事をまかせてもらえたりより長期的な収入を考えてあえてキャリアを優先させるという人も増えてきているようです。

確かに子供が高等学校を出て大学に進学する可能性を視野に入れるなら、一時的に手当で家計をまかなうよりも自分自身の収入をより高める努力をしておくことの方が経済を安定させてよい教育をさせるという利益につながります。

何を優先させるかについてはじっくりと考え、子供のことだけでなく子育てが終わってからの自分の生活も意識をしていった方がよいと言えるでしょう。

預け先の確保も仕事選びのポイント

シングルマザーとしての職探しでもう一つ重要なポイントになってくるのが子供の預け先です。

未就学児の時には延長保育をしてくれる保育所がないといつも仕事を早上がりしなくてはいけなくなります。

実家の両親など協力をしてくれる人がいればよいのですが、近くにそうした人がいないという場合には地域の福祉団体などで協力をお願いできるところを探していかないといけません。

待機児童の問題は全国でも深刻なものとなっていますが、その一方で「ファミリーサポートセンター」や「保育ママ」といった新しい子供のための取り組みが各自治体で行われるようになっています。

子供が病気になった場合には病児専門の保育施設があるところもあるので、いざというときのためにできるだけたくさんの預け先の情報を得るようにしてみましょう。

職場によっては長く女性に勤務をしてもらうために社内に託児所や小児科を置いているところもあります。