シングルマザーにおすすめな介護の資格はある?

求人数の多い介護の仕事

介護の仕事は全国的に人手不足が続いているので、これからすぐに就職ができる仕事を探したいという人に最適です。
基本的に介護職は何らかの資格がなければ就業ができないというものはないのですが、現場で働いていく時のスキルアップやキャリアアップには資格はなくてはならないものです。

同じ業務を担当するにしても、特定の資格があるかどうかで資格手当によって給与額に大きな差がつくようになっていますし、管理職やマネジメント業務に携わるには資格が昇給要件になっていたりします。

介護業界の資格制度は独特で、勤務歴と他の資格の取得が次の資格取得の要件になっていることがよくあるため、仕事をしつつも勉強をして取得資格を増やしていくということがあるべきキャリアパスとなっています。

全く未経験からであってもOKという求人も決して珍しくはないのですが、より早くから仕事になじむことができるようにするために最初に何らかの資格を取得しておくことをすすめます。

将来は介護の現場だけでなく地域の介護活動に携わりたいという人もまずは数年現場での仕事を体験しておくことが大切です。

おすすめの資格と取得難易度

介護の資格は国家資格だけでなく多数の民間資格があります。
介護の現場で最も信頼があるのが国家資格である「介護福祉士」です。
介護福祉士は事前に厚生労働大臣認可の教育機関での課程を修了するかもしくは必要な年数の実務経験がなければ受験をすることができません。

ですので取得まで最短でも3年以上の時間が必要となってしまうことから、介護系の大学や短大に進学をした人でないならまずは別の短期間で取得できる資格から始めてみることをすすめます。

介護の資格の入り口と言われているのが「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」です。
こちらは最短で約1ヶ月程度の学習で取得ができます。
のちに介護福祉士を目指す人の多くもまずはこの介護職員初任者研修を取得しています。

次に受験がすすめられるのが「実務者研修(旧ホームヘルパー1級)」です。
こちらは他の資格の取得によって取得にかかる費用や期間が変化をするので、介護職員初任者研修の次に目指すランクアップとして最適です。

介護福祉士は現場で行う介護の仕事において最も有効なものですが、長く介護の仕事をしていくなら地域介護に関わる仕事ができるようになっていきたいところです。

これから介護を受けようとしている人に介護サービスを提供する「ケアプラン」を作成するケアマネージャー(介護支援専門員)は、実務経験5年以上の人が受験できる資格です。
その他にも福祉系の資格を合わせて取得することにより仕事の幅も広がっていきます。