シングルマザーにおすすめな医療の資格はある?

安定的な仕事ができる医療関連業界

全国的に人手不足が伝えられている医療関連業界においては、資格を取得することにより広く仕事を求めることができます。
一般企業でのオフィスワークと比べ、資格が必須になる医療関連業界は給与水準も高いだけでなく、安定的に仕事をしていくことができます。

医療関連の資格の代表的なところとして「医師」「歯科医師」「看護師(助産師・保健師)」「臨床検査技師」「診療放射線技師」などがあります。

これらはいずれも専門の学校で所定の課程を受けなくてはならないこととなっており、誰でもすぐに簡単に取得がとれるわけではありません。
中でも医師資格は日本で実施されている国家資格の中でもトップクラスで取得が難しい資格となっているので、よほど金銭的・時間余裕がなければ途中から目指すのは難しいでしょう。

看護師や検査技師については比較的年齢制限が幅広く、一旦社会人になった人が再び学校に入るというケースも少なくありません。

上記の資格は全て資格がなければ就業をすることができないものとなっているので、医療の現場で積極的に仕事をしていくならば時間をかけても取得をする必要があります。

おすすめの資格と取得難易度

時間的な余裕の少ないシングルマザーにとっては、上記で挙げたような資格は望んでもなかなか取得ができないことと思います。
そこで比較的簡単に仕事に就くことができる医療の資格として「医療事務」や「医療秘書」といった事務系の仕事があります。

「医療事務」とは診療施設で行う診療報酬請求明細書(レセプト)を作成するための仕事です。
直接的な医療の仕事というわけではありませんので医療行為をすることはできませんが、窓口の受付や待合室の整備・整頓、その他施設内の雑用一般を行います。

無資格でも就業が可能ですが、レセプト計算はかなり覚えるのに手間のかかる方法であるので、あらかじめ民間の資格を取得しておいた方がよいと言えます。

少し異なる職業として「医療秘書」というものもあります。
「医療秘書」は医療事務と異なり医師のスケジュール管理や会議のための資料作りを手伝う仕事です。
もともと医師でなくては行ってはならないとされてきたカルテ管理を補助的スタッフを雇用することで行うことができるようにしたというもので、医師の指示に従ってオフィスワークをしていきます。

「医療事務」は無資格でもよいのですが「医療秘書」は資格がなければならないこととされており、都道府県認定の専門学校で2年以上学び技能検定試験を受験します。

もう一つよく似たものに「病棟クラーク」というものがあります。
これは入院設備のある病院の病棟での医療秘書的な業務をする仕事です。