シングルマザーにおすすめな調理の資格はある?

職業として調理をしていくために

主婦として子育てをしている人の多くが、おそらく毎日のようにキッチンに立ち料理を作っていることと思います。
中には料理を趣味にしていて、毎日の食卓にかなり凝った料理を出しているということもあるでしょう。

しかしいくら料理が得意という人であっても、すぐにそれを商売にすることができるかというとそういうわけではありません。
一人~数人くらいの料理を作ることと、大勢に提供する数十人~100人近くのために料理を作ることは全くノウハウが異なるからです。

調理の仕事は無資格でも就業できるものがほとんどなのですが、実際の調理の現場においては基礎的な調理や衛生の知識がなければいけません。

十分に研修を受けられる環境の職場ならよいのですが、そうではないという場合に備え最低限度の調理の知識を得られるよう資格を取得しておくことをすすめます。

調理に関する資格のうちもっとも有名なのが国家資格である調理師です。
調理師試験は全国の都道府県の調理試験担当係が年に一回開催しており、筆記および実技によって合否が判定されます。
厚生労働大臣が指定する調理師専門学校においては卒業によって自動的に免許を取得することができます。

資格があることで厨房業務での採用率がぐっと高まりますし、将来的に自分でお店を持ちたいと思っている人なら絶対に取得をしておくことをすすめます。

おすすめの資格と取得難易度

調理師資格は調理に関する基礎知識と衛生、食品に関する法規について学習をします。
調理師試験を受けるためには専門の課程を実施している調理師専門学校に通学するか、もしくは飲食業に2年以上勤務をしなくてはいけないこととなっています。

資格を取得することで主な勤務先となるのは、学校給食や病院食の調理現場やホテルやレストランなど飲食をサービスで提供している施設です。
他にもお弁当やお惣菜を作る食品加工業に勤務をするということもあります。

自らが調理をするという仕事の他に、料理研究家や食育アドバイザーのように他の人が食べる食事のメニューを作る仕事もあります。
その場合には「栄養士」や「食品衛生管理者」「食品生活アドバイザー」といった資格がおすすめです。

ここ最近流行してきているのが、何らかの専門分野で詳しい知識をもとにおすすめの食材を紹介していくという食のコンシェルジュ的な仕事です。

わかりやすいものとしてワインとそれにあう食事をアドバイスする「ソムリエ」がありますが、他にも「きき酒師」や「焼酎アドバイザー」といったものがあります。
食事においては「フードコーディネーター」や「野菜ソムリエ」「きのこマイスター」といった専門分野を生かした民間資格が人気です。