シングルマザーにおすすめな保育の資格はある?

自宅で子育てをしながらできる仕事

シングルマザーにとって悩ましいのが、子供が小さいうちはあまり長時間外に出て仕事をすることができないということです。
最近ようやくテレワークなど在宅でもできる仕事が登場してきましたが、まだまだ一般的な企業で導入されるまでには時間がかかることでしょう。

そこで自宅にいながらできる仕事というのが多くのシングルマザーや主婦たちから求められています。
自宅でできる仕事としておすすめになるのが、自分の子供とともに仕事ができる保育の業務です。

保育の仕事というと、保育所で勤務をする保育士や幼稚園で子供を教える幼稚園教諭が代表的ですが、待機児童問題のように思うように認可保育所を使用することができない人も多いため民間の託児施設が大きな注目を受けています。

なので自宅で他の子供を預かり時間までの保育を行う在宅保育の方法がいくつか登場してきており、資格を取得することで世間のニーズに応えていくことができます。

ここ最近で注目されている保育の資格としては、チャイルドマインダーやベビーシッター、チャイルドケア、チャイルドコーチングといったものがあります。

これらはいずれも民間資格ですが社会的知名度は急上昇しており、保育を業務として行っていく場合の重要なスキルとして扱われます。

おすすめの資格と取得難易度

保育の資格として最も知名度があるのはやはり保育士および幼稚園教諭でしょう。
保育園と幼稚園は厚生労働省と文部科学省と管轄が異なるので制度的には全く別の施設ということになっています。
いずれも大学や短大、専門学校で必要な課程を経て国家試験を受験します。

ただし保育士の資格についてはかなり条件も緩和されているので、スクーリングをしなくても自宅で通信教育を受けることで受験要件を満たし、国家試験を受験することができるようになっています。

現在休職中や子育て中などで勉強をする時間があるなら、やはり業界での知名度がダントツに高い保育士の資格は取得しておくことをおすすめします。

近年注目をされているチャイルドマインダーやベビーシッターなどの資格は民間団体が行っているもので、特にどれが一番権威があるというわけではありません。

資格を受けるならどの試験にどんな特長があるのかということを類似の資格で比較をして選ぶようにするとよいでしょう。
資格講座大手の試験と異なり、幼児教育団体やNPOが主催している試験の場合、試験に合格をした人に対して登録と入会を促しそこから仕事を紹介してくれるといったネットワークもできています。

試験を通してそれぞれの団体に所属することで定期的に勉強会や研修会があったりしますので、全く一人だけで仕事を始めるよりもずっと心強いです。