シングルマザーにおすすめな美容の資格はある?

自分の趣味や興味を仕事として活かせる

女性の職場として非常に人気が高いのが美容関連の仕事です。
美容の仕事としては、エステサロンで働くエステティシャンやネイリストといったものや、美容室で勤務する美容師、その他にも化粧品を取り扱うお店で働く美容部員があります。

いずれも普段自分がよく利用しているサービスや美容方法をもとに仕事をしていくので、自分自身の趣味や興味をそのまま仕事にしていけるというメリットがあります。

ただし仕事そのものは立ち仕事が多かったり、歩合制でなかなか安定的な給与が受けられなかったりといった不安な部分もあります。
ただ安定的な仕事をしたいという人にとってはそれほど美容関連業界の仕事はおすすめすることはできません。

しかし一方で適正が合った場合には生き生きと仕事ができる場所であり、一般の顧客としてではなく美容の最新情報を知ることができるという大きな楽しみがあります。

これから美容関連の仕事を目指すという人はそうした業界内の状況をよく調べてから就職先を選ぶようにしましょう。
技術職である美容関連業においては就業前に資格によりスキルを身に着けておくことが勧められます。

おすすめの資格と取得難易度

美容関連業の資格は複数ありますが、それらの多くは民間資格として実施されています。
唯一国家資格の取得を必須としているのが美容師・理容師です。
美容師や理容師は専門学校で定められた課程を修了し、かつ国家試験に合格をしなければいけないので新たに資格を得るには長い時間が必要です。

美容師は個人で開業もできる汎用性の高い資格ではあるのですが、現在では美容師あまりの状態となっており都市部などでは非常に厳しい競争状況となっています。

むしろこれからの美容業界を目指すなら、新しいニーズを掴んだ仕事の方がおすすめです。
ネイリストは民間資格として資格講座大手が独自の資格制度を数多く主催しています。
人気のアートネイルやジェルネイルをするためには一定の手順を守り、さらに衛生面や安全面にも配慮をしていかなければならないので、全く素人からよりもきちんとした講座を受講することが望ましいと言えます。

エステティシャンの場合、個人で行っている人も中にはいますが現在ほとんどのお店が大手チェーンの系列となっています。
大手エステ企業では、社内の研修規定や技能規定がきちんと定められているので、未経験で就業をしてもそこからスキルアップをしていくことができます。

ここ近年人気が高まってきているのが、美容&フィットネスのトレーナーです。
ダイエットやスリムアップをしていくために、運動と食事を専門でアドバイスする専属トレーナーをつける人が増えています。