レストランスタッフの仕事内容

レストランスタッフとはどんな仕事?

レストランスタッフの求人は多いので、学生時代にアルバイトをしていたというシングルマザーも多いのではないでしょうか。
レストランでの仕事は主に、調理を行う調理係と、接客を担当するホール係に分かれますが、ホール係の募集が一般的です。
ホール係の仕事場は、主にお客様が食事をする客席です。

ホール係の仕事の流れは、まず来店されたお客様を席に誘導し、注文を聞き、注文を調理場に伝えます。
そして調理スタッフが作った料理を客席に運び、お客様が食事を終えられたら精算、帰った後にテーブルを素早く片付けます。
営業時間内はこれらの作業を繰り返し、閉店後に店内の掃除といった流れになります。

レストランではホール係とは別に店長などがレジ係を担当していることもありますが、小規模な飲食店ではレジの精算もホール係の仕事となります。

新人はまず客席のテーブル番号と、メニューを覚えることが大切です。
注文を受けたらその内容を手書きで伝票に記入したり、POSと呼ばれる機器に入力したりして、間違えないように調理場に通します。

これらの作業を確実に行ったうえでお客様への接客マナーを守り、気持ちよく食事を楽しんでもらえるよう気配りするのがレストランスタッフの仕事です。

レストランスタッフのやりがいやメリットは?

レストランスタッフは直接お客様と接する仕事ですから、お客様の反応がダイレクトに伝わるので大きなやりがいを感じられます。
お客様からの美味しかったよ!や、ありがとう!の一言が励みになりますし、常連さんとのコミュニケーションも楽しい時間です。

その一方で、料理が出てくるのが遅い、注文と違う料理が出てきたなどクレーム対応も行わなければいけません。
上手にクレーム対応ができたら接客への自信につながりますが、お客様から頭ごなしに怒鳴りつけられるなど心が折れてしまうこともあります。
それでも、日々お客様に料理を運ぶことはホールスタッフの誇りであり、喜びであるといえるでしょう。

レストランスタッフのメリットとしてまず挙げられるのが、接客スキルが身に付くことです。
接客態度を厳しく指導されますから、接客マナーが自然と身につき、他の職場に転職した場合でもこのスキルを生かすことができます。

また、求人件数が多いのもメリットです。
常にどこかの飲食店がスタッフを募集しているので、複数の求人から条件の良い職場を選べます。
子育てをしながら働くシングルマザーは何かと大変ですから、少しでも条件の良い職場で働けるのはとても助かりますね。
レストランスタッフは、シングルマザーにおすすめの仕事の一つです。

また、シフト制を採用しているレストランが多いので、ライフスタイルに合わせて勤務する時間帯を選べるというメリットもあります。