調剤薬局事務の仕事内容

調剤薬局事務とはどういう仕事か

調剤薬局事務とは、医療機関における医療事務や介護施設における介護事務同様に調剤を行う施設内においてその事務作業を担当する仕事です。
調剤薬局事務の主な仕事になるのが「調剤報酬請求事務(レセプト作成)」で、その日に行った調剤内容をもとに所定の計算方法により調剤報酬を受け取るための書類を作成します。

事務作業そのものは一般企業における経理や総務の仕事と大きな違いはないのですが、このレセプト作成は非常に独特の方法によるためその分勤務中の業務の難易度は高くなります。

レセプト作成やその他の調剤薬局事務としての仕事を覚えるまでには未経験なら約半年はかかるとされているので、実際の現場においてはより即戦力となるよう民間の資格を取得した人が優先されています。

特殊な業務を含む調剤薬局事務は一般の仕事よりも給与が高いというメリットがあるだけでなく、自分の時間に合わせて働くことができるという強みがあります。

調剤薬局は普通医療機関の外来時間に合わせて営業時間が決められているので、基本的には営業時間を大きく超過して仕事をすることがなく、必要な期限までにレセプト作成ができていれば問題ありません。

どういった施設に勤務するかによって働き方は少しずつ異なりますが、勤務時間が限定されてしまう家庭持ちの女性にとって働きやすい場所として非常に人気があります。

調剤薬局事務として勤務するためには

調剤薬局事務として働いている人の多くが、先に民間資格を取得しています。
就業することそのものに特定の資格が求められるということはないのですが、レセプトという独特の点数計算方法のしくみは全くの素人には理解しにくいものなので、ある程度基礎知識がないと厳しいでしょう。

調剤薬局事務関連の資格としては最も有名なところは日本医療事務協会の主催している「調剤薬局事務講座」で、ニチイ、ユーキャンなど資格講座大手が独自に行ってる「調剤薬局事務」もあります。

講座で学ぶのはレセプトの計算方法だけでなく、調剤薬局ではどういった仕事が行われており、事務職員はどんな役割をすることになるのかという基礎知識です。
資格を取得するための勉強がそのまま実務にすぐ役立つので、とりあえずとっておくというだけでも十分に価値のある資格です。

勤務先となるのは調剤薬局として営業しているお店・会社の他、調剤が可能で薬剤師のいるドラッグストアなどです。
大きな病院内なら薬剤部に専属で事務職として配属されることもあります。

医療事務や介護事務と比較して調剤薬局事務は就職先が少なく、一旦勤務した人が転職することも少ないので就職には苦労をするかもしれません。