医療事務の仕事内容

医療事務とはどういう仕事か

医療事務とは、病院や診療所などの医療機関に勤務をしそこで医師が発行したカルテの内容に基づき医療費や薬代を点数計算し診療報酬を請求するための書類を作成するための仕事です。

診療報酬明細書は「レセプト」と言われ、同様の仕事として介護報酬を計算する「介護事務」や、調剤した薬剤の診療報酬を計算する「調剤薬局事務」があります。

現在の健康保険制度では加入している健康保険の種類により患者さんの負担割合が異なります。
またどういった治療をした場合にいくらの診療報酬が発生するかということはそれぞれの医療行為によりかなり細かく定められているので、診療について詳しい知識がある人でないと正しい計算をすることはできません。

患者さんが病院の窓口で支払うのは健康保険で定められている割合部分のみなので、残りの部分について費用を国や市町村に請求しなければいけません。
医療事務の仕事は医療機関の経営に重要な役割となるものであり、必ず専門のスタッフが置かれることとなっています。

医療事務として勤務をするためには

医療事務として勤務をする場合には、それぞれの診療機関から募集されている求人票を元に就職先を探します。
就業そのものは無資格・未経験でもよいとされてはいるのですが、実際には医療現場の業務について理解がないとなかなか仕事を覚えることができませんので、ほとんどの人はまず先に基礎知識を得ることができる資格を取得します。

医療事務としての知識が得られる資格としては、日本医療教育財団が実施している医療事務技能審査試験をはじめとし、ユーキャンやニチイなど資格講座大手が独自に実施している資格があります。

基本的には通信講座で数ヶ月受講をすれば十分取得ができるレベルのものなのですが、より本格的に医療現場で勤務することを考える人は専門学校で一定期間スクーリングをしてから実技試験を受けることもあります。

実際の医療事務の仕事はどこに就職をしても同じというわけではなく、その施設の規模や人員状況などにより大きく内容が異なります。

もちろんメインとなるのは診療報酬請求明細書の作成なのですが、それのみを専属で行うというのはそれぞれの業務が分業化されている大病院のみで、小さな診療所などではレセプトを作成する傍ら来院する患者さんの受付をしたり、待合室の清掃をしたりしています。

どこまでどのような仕事を任されるかが不安な人は就職先を決めるときに詳しく尋ねるようにした方がよいでしょう。
ただ一般的には他の医療系の仕事とは異なり、医療事務は勤務時間がはっきりしており比較的短時間であがることができやすいようです。
最近では資格者を短期間派遣するという時給額の高い医療事務派遣業もあります。