軽作業員の仕事内容

軽作業員とはどんな仕事?

一口に軽作業員といっても様々な仕事があります。
例えば建築工事現場での土木軽作業員や工場内で働く軽作業員、物流施設での軽作業員、企業での軽作業員などなど……。
働く場所や企業によって、仕事内容は様々です。

求人にはいろいろな軽作業が紹介されていますが、シングルマザーなど女性を対象とした募集で多いのが、倉庫などの物流施設や工場での軽作業員です。
物流施設や工場での軽作業の内容や募集条件も企業によって異なるものの、最も一般的なのがピッキングと呼ばれる作業です。
ピッキング作業とは倉庫や工場の商品の中から、お客様からの発注伝票や社内の指示書に書かれてある商品を探して取り出し、梱包して発送できるようにする作業です。

このように聞くと「重いものを持って、施設内を何度も行き来するのか」と思われるかもしれませんが、女性向けの求人の場合は、軽いものばかりです。
例えば薬、CD、衣服、靴、アクセサリーなどですね。
立ち仕事ではありますが、重いものを持ち上げたり、運んだりといった作業は少ないのです。
発注書や指示書通りに商品を梱包するだけの単純作業が、一般的です。

ごく稀にお米やお酒など重いものを取り扱ったり、フォークリフトを扱ったりするケースもありますから、念のために事前にどのような作業を行うのかを確かめてから応募することをおすすめします。

また、ピッキング作業のほかにも、発注する商品の検品作業、パソコンを使っての商品管理業務などといった仕事もあります。

軽作業員のやりがいやメリットは?

軽作業員の仕事は、自分に与えられた仕事を一つ一つこなしていくことを求められます。
最初のうちは全体像が見えないで、どのくらいのペースがベストか見えないことがあるかもしれません。
しかし、次第に仕事の進捗状況がわかるようになれば、そして自分のペースで仕事をすすめられるので、自分だけの達成感が得られます。
コツコツと作業を繰り返しながら、一つ仕事をやり遂げた、また一つ仕事を終わらせたと、繰り返し達成感が感じられるので、比較的楽しく仕事ができます。
また、一人で行う作業ですからコミュニケーションに苦手意識がある人でも働きやすいのがメリットです。

軽作業員は軽い業務を行うスタッフという意味ではなく、特に資格がなくても働ける仕事という意味です。
資格がいりませんから、誰でも採用されやすいというメリットもあります。
食品関係や化粧品関係、アパレル関係など、自分に興味のある商品を扱っている企業を選べば、さらに楽しく働けるのではないでしょうか。

ですから、この仕事は接客など人と接するのが苦手な人や、指示通りコツコツと働けるまじめな人などに向いているともいえるでしょう。
また、マイペースで仕事をしたいシングルマザーにもおすすめです。