保険外交員の仕事内容

保険外交員とはどういう仕事か

保険外交員の仕事は、一般家庭や企業を訪問しそれぞれ個別の事情をヒアリングした中で最も適する生命保険を提案していく仕事です。
現在保険業界は外資系企業が多数参入をしてきたことにより、ダイレクト系保険のような外交員を仲介しない生命保険も数多く登場してきました。

ですが保険のしくみというのは非常に複雑であり、業界に詳しくない人が適当に判断して契約をしてしまう内容が最も適した内容となるとは限りません。

保険外交員の仕事は言ってみれば従来の日本的保険会社の営業方法であり、実際に外交員が本人のもとを訪問してその生活の様子を知ることによりより確実な契約にすることができます。

当然のことながら勤務をするためには保険商品について詳しい知識がなければいけません。
国内保険企業の多くは、まずはこれから外交員となろうとしている人に対して研修会を行い最終的に社内資格を経て現場に出すことになっています。

全く初心者のうちから勝手にやれと突き放されることはなく、最初のうちはベテラン外交員について仕事を覚え次第に一人で行っていくようになるというOJT方式が一般的です。

保険外交員として働くには

保険外交員は別名「保険セールスレディ」とも言われており、まずは求人を出している保険会社にパートもしくは契約社員として雇用をされそこで研修を一通り受けます。
研修では生命保険協会が実施している一般課程試験を受験し、そこで合格をすることで財務局に外交員としての登録ができます。

その後さらに登録後研修を受け、さらに実務経験を先輩などから教えてもらいつつ自分なりの仕事の仕方を見つけていきます。
基本的に保険外交員は定額年収ではなく歩合制になっています。
そのため営業力のある外交員はどんどん年収を伸ばすことができ、コミュニケーション能力が高く話術に長けた女性の多くがかなりの高収入を実現しています。

実力社会なので厳しい面もないわけではないのですが、自分なりの営業方法を確立することができるならば短時間でも相当の成績を上げることが可能です。

適正はあるものの、短時間で確実に売上を伸ばし収入を高めたいという女性にとってはこの保険外交員はとても適した仕事であると言えます。

他の営業職と比較して保険外交員は女性の割合が高いということが特長になっています。
これは保険商品が一般の製品と異なり、それぞれの顧客に対してきめ細かいアフターケアが必要になってくるからです。

保険契約は一回限り騙してでも契約させればいいというようなものではないので地道な顧客へのケアをすることができる外交員は、長く優良な顧客を得て成績を継続させていくことができます。