ガソリンスタンドスタッフの仕事内容

ガソリンスタンドスタッフとはどんな仕事?

ガソリンスタンドの仕事といえば、お客様の車に給油するというイメージが強いのではないでしょうか。
もちろん、給油はガソリンスタンドでの基本の仕事となります。
しかしガソリンスタンドのスタッフは、給油以外にもたくさんの仕事があるのです。

まず、スタンド内に入ってきた車を、適切な位置に誘導しなければいけません。
その後に給油を行いますが、このときに給油するオイルの種類を間違えると大事故につながるので、注意が必要です。
ガソリンにはレギュラーやハイオクなどオイルの種類があります。
どの車種にはどのオイルがてきしているのかを、しかりと把握しておくことが大切です。
また、車種によって給油する位置が異なるので、それぞれの位置を覚えるまで苦労することもあります。

そして給油を行っている間にフロントガラスを磨く、煙草の吸い殻を捨てるといった清掃作業も行います。
さらに洗車やバッテリー交換、関連用品の販売などの営業も行わなければいけません。
そして、最後に会計作業を行います。
支払いは現金だけでなくクレジットカードでも行われますから、間違いのないよう注意すると同時に、お客様をお待たせしないよう素早くかつ性格に作業行う必要があります。

以前は給油サービスをガソリンスタッフが行うのが当たり前でしたが、最近ではセルフサービスのガソリンスタンドも増えてきました。
セルフサービスのガソリンスタンドでは、給油の仕方がわからないお客様への説明を行います。
また、間違った給油をしていないか、ポリタンクに給油するなど危険な行為をしていないかも、しっかりと監視します。
セルフサービスでは、ガソリンスタンドのスタッフが給油許可ボタンを押さなければ給油されない仕組みになっています。
このため、スタッフの主な仕事はお客様の見守りと給油の許可となり、フロントガラスを拭いたり、煙草の吸い殻を捨てたりといったサービスは行わないのが一般的です。

ガソリンスタンドスタッフのやりがいやメリットは?

ガソリンスタンドでのやりがいは、何といっても車やバイクに詳しくなることです。
ガソリンスタンドには人気の最新モデルやビンテージカー、外車など珍しい車に給油することもあり、車・バイク好きのシングルマザーにとっては、ワクワクする職場です。

また、セルフサービスのガソリンスタンドが増えてきたこともあり、24時間営業の職場が多くなってきました。
このためシフト制での求人が多く、自分の都合の良い時間帯に働けるのも大きなメリットです。

危険物取扱者乙種第4類の資格があれば資格手当が付くなど優遇されるので、ガソリンスタンドで長く働くなら、資格取得を検討されてはいかがでしょうか。