介護福祉士の仕事内容

介護福祉士とはどういう仕事か

介護福祉士とは高齢者や障害者の援助や介護を行うための仕事であり、現場で行う社会福祉活動の中心的な役割を担います。
「介護福祉士」という名称は職業名称であると同時に国家資格の名称であり、同様の仕事に就業すること自体は無資格でできても、職業として名乗るためには資格取得が条件となります。

介護福祉士の主な職場となるのは老人福祉や介護保険関連施設、さらに障害者支援施設などです。
他にも行政機関や社会福祉協議会といったところで直接介護のための仕事をすることもあります。
現在の介護サービスは非常に多岐にわたっているので、入所介護・訪問介護・在宅介護とさまざまな現場で資格や経験を生かしていけます。

介護の現場での仕事は数多くありますが、国家資格である社会福祉士はそのリーダー的な仕事をする場面も多く、介護を受ける本人だけでなくそれを支える家族や地域の相談員とも連携して仕事を進めていきます。

介護福祉士として勤務するには

介護福祉士として仕事をするためにはまずは国家資格である介護福祉士に合格をしなければいけません。
資格は年に一回の国家試験を受験することになっているのですが、誰でも受けられるというわけではなく事前に受験資格を満たす必要があります。

受験資格を得るための最短のルートは、高校卒業以上で厚生労働大臣の指定を受けた養成学校を卒業するという方法です。
学校に行く他に無資格のまま3年以上福祉系の実務経験を積むということでもできます。

介護福祉士養成課程のある学校の場合には介護福祉士の国家試験を受験しなくても、卒業そのものを資格要件とすることもできます。

いずれにしても筆記試験だけでとれるようなものではなく、数年間の実務経験もしくは実習経験がなければいけません。
そういう点では取得は簡単な資格ではなく、難易度の高い資格と言えます。

資格取得が難しい分業界内における介護福祉士の影響はとても大きく、全国どの介護関連施設に行っても重宝される存在となります。

最初は無資格で勤務を開始した人が勤務を続けていくうちにより専門的な仕事がしたくなりそこで介護福祉士を目指すというルートもあり、長期的に介護の仕事をするならどこかの時点でとっておきたい資格の一つです。

それまでと実質的に業務内容が変わらないとしても、介護福祉士の資格があることで資格手当がついたりより責任のある仕事をすることができたりするので、できるだけ早めに取得しておくことをおすすめしたい資格です。

勤務できる時間に制限のある女性やシングルマザーにとっては特に資格は有効で、特定の時間にだけ入る派遣業として高給を短時間で得るということも可能になります。