介護事務の仕事内容

介護事務とはどういう仕事か

介護事務とは、介護を行う施設や現場において介護保険制度にもとづいて提供されたサービスに応じて請求ができる介護報酬を計算するための仕事です。

介護保険制度は2000年よりスタートしており、主に65歳以上の高齢者のうち要介護や要支援の認定を受けた人が最寄りの自治体で提供されている介護サービスを1割負担で利用できるようになっています。

介護に関するサービスどんな人にも全く同じように提供されるわけではなく、その人の健康状態や家族の状況、その他どういった介護を希望しているかによって細かく分類されます。

介護報酬制度はそうした在宅・訪問・入居のあらゆる介護サービスを本人により負担なく受けられるように定められたものとなっており、現在も全国自治体で利用されています。

介護関連の仕事としては介護福祉士や介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)といった資格を使用する現場の仕事がメインとなっていますが、一般企業の事務員のように裏方で事務系業務を行う人員が必要になります。

現場に出る場合にはどうしても終業時間が読めずにその日によって業務負担が異なってしまうということもあるのですが、事務作業の場合はある程度その日やその月にすべきことがはっきりわかっているので、時間が限定されている女性にとっては非常に働きやすい仕事と言えます。

介護事務として勤務する方法は

介護関連の仕事は慢性的に人手不足の状況に置かれているので、現場の仕事を探すのは決して難しいことではありません。
介護の仕事に関する資格は介護福祉士や社会福祉士といった国家資格が代表的ですが、実際に仕事をするために必ずしも必要とは定められてはいません。

介護事務に関しても同様で、民間資格としていくつか資格が主催はされているもののそれがなければ必ず就業ができないというわけではないのです。

とはいえ介護報酬の計算をする「レセプト作成」業務はかなり独特のものなので、全く未経験のままよりもある程度の知識があった方がずっとすんなり実務を行うことができます。

そのためほとんどの介護事務職希望者は事前に資格を取得しそれから就職活動をするという流れをとっています。
介護事務の資格としては、日本医療事務協会が主催する「介護事務講座」をはじめとし、技能認定振興協会の「介護事務管理士」や、他にもユーキャン、ニチイ、ヒューマン、ソラスト、未来ケアといった資格大手が主催する独自の講座があります。

これらの資格は基本的には介護報酬制度とレセプト作成の基本を学ぶものですが、資格によっては介護事務として勤務をしていく上での心がけや知っておくべき知識、事務仕事全般に関するノウハウといったところも試験範囲に含めていたりします。