コールセンターの仕事内容

コールセンターの仕事とは

コールセンターの仕事は、企業が設置している電話受付の窓口業務を担当することであり、品物の購入を引き受けたり各種契約のための手続きを行っていきます。

コールセンターの仕事は大きく「インバウンド」と「アウトバウンド」に分類ができます。
インバウンドとは外部に公表している電話番号に連絡をしてくる顧客や見込み客に対して案内をするという業務であり、もう一方のアウトバウンドはこちらから顧客に連絡をしたり営業をしたりしていきます。

コールセンターの仕事はパートやアルバイトで数多く応募をされており、そのほとんどが初心者です。
保険や特殊な金融商品などを取り扱う会社においてはある程度事前の研修が必要になりますが、初心者への研修制度はかなり充実しているところが多いのでそれほど心配はいりません。

現在ではコールセンター業務をまるごと外注しているという企業も多く、そうした企業の都合に合わせて対応方法を変えていくというスキルも要求されます。

コールセンター業務はかなり業務として洗練されてきているので、OJTにより先輩が対応方法を丁寧に教えてくれるシステムが整っています。

コールセンターで仕事をするには

コールセンターで仕事をしていくためには、まずはそれぞれの求人を探し就職をすることから始めます。
コールセンター業務は特に何らかの資格が必要というものではありませんので、実務経験やそれまで電話応対経験があるかどうかということが重視されます。

しかし経験者であってもコールセンターではまず初心者講習から行い、どういった業務を担当していくかということを教えてもらいます。
基本的には勤務歴や成績によって時給や待遇がよくなるシステムなので、実力次第で短期間に高収入を得るということも可能です。

コールセンターで重要なのは電話応対するサービスや商品について熟知をすることはもちろんのこと、言葉遣いやマナーといった細かい部分です。

仮に外注として請け負った業務であってもコールで出るときにはその企業の代表ということになってしまいますので、そこで失礼な対応があるとクライアントにも迷惑をかけることになってしまいます。

誰でも就職できる業務だからこそそこから自分なりにスキルを伸ばしていくのは難しく、長く続けることができる人はそう多くありません。

ですが職業的な需要は決して低いものではありませんので、スキルアップをしていくことによりより高給の仕事をしていくことも可能です。
コールセンター業務では上級職として新しく入る人たちへの教育を担当するという管理職もあります。
自分の特性をいかして電話応対を極め、スキルとキャリアを伸ばしていってください。