カフェ店員の仕事内容

カフェ店員とはどんな仕事?

カフェ店員の仕事内容はカフェの規模にもよりますが、一般的には接客、配膳、テーブルの片付け、皿洗い、店内の掃除などです。
営業中に材料が足りなくなったら近所のお店に買い物にいく、銀行に両替にいくなどの雑用を行うこともあります。
また、コーヒーなどの飲み物を作る、サラダなどの盛り付けをするといった作業や、調理師の資格があれば調理担当として働くケースもあります。
またお店によってはカフェ店員のブログなど、ブログ記事を担当することもあります。

しかしカフェの店員の仕事内容は、基本的には接客をメインとした店内作業です。
お客様が気持ちよくランチやディナー、ティータイムを楽しめるよう接客する主な仕事となります。
清潔感のある身だしなみと笑顔を心がけ、常にお客様の様子に気を配って過不足のないサービスを提供できるよう配慮しなければいけません。

レジでの精算では料金やおつりに間違いがないよう、確認しながら行いましょう。
カフェではお菓子やパン、ケーキなどを販売しているところも多いので、このようなお店では商品管理も行います。

それぞれの作業に、担当スタッフが分かれて対応するお店も多く、特にチェーン店を展開しているお店では、レジを担当するキャッシャー、サンドイッチなどの軽食を担当するフード係、カップやコップなど皿洗いを担当する洗浄係など、スタッフ一人ひとりのポジションが決まっているのが一般的です。

その一方で、個人経営のカフェでは、オールマイティーにすべての仕事を担当します。

カフェ店員のやりがいやメリットは?

カフェ店員のやりがいは、おしゃれな店内でおしゃれなユニフォームを来て接客できるので、気持ちよく働けることです。
カフェスタッフとして誇りが感じられる仕事ですから、接客にも自然に力が入りますし、やりがいを感じながら働くことができます。

ラテアートが作れるようになるなどコーヒーや紅茶などの飲み物知識や、カフェ料理のレシピなどのアイデアが得られるのも大きなメリットではないでしょうか。
休日のランチなどに、子どもにカフェ料理を作ってあげると、とても喜んでくれるでしょう。

また、お客様が自分で商品を運ぶセルフサービスのカフェも多いので、そのようなお店では他の飲食店に比べて体への負担が少ないのもメリットです。

居酒屋などに比べてお店に訪れるお客さんの態度も落ち着いていますからクレームが比較的少なく、接客での心理的な負担もそれほど大きくありません。
数ある飲食店スタッフの中でも、カフェ店員は心身ともに負担が軽いので、子育て・家事と両立させやすく、シングルマザーにおすすめといえるでしょう。
ただ、その分お給料は低めです。
仕事内容と収入のバランスをよく考えて、職場を選びましょう。